杉起こし (10月3日、4日)

杉起こし (10月3日、4日)

星野村で一番高いカラサコ岳の頂上近くの杉山が台風15号で被害を受け、
植林して3年目の杉が根こぎで倒れた。
一人ではとても起こせる作業ではない。
ボランティアの要請があった。

10月の3日4日の二日間で約300本の倒れた杉を起こした。
二人がかりで起こし、麻縄で近くに杭を打ち補強する。

1,000m近い所での作業は空気の味が違う。青空の青の色が濃い。
初めて杉の木に触れる人もいる。

九州北部豪雨で災害復旧に駆け付けてくれたボアンティアの皆さんが、
今でも星野村の復興と活性化の為に沢山の方が来てくれている。

台風15号で星野村のいたる所の樹木が被害を受けた。
素早い対応で公園や個人宅などで折れたり倒れた樹木を片付けてくれている。

星野に来てもらう為の自然に触れる事が出来る色々な
イベントを実行して都市部の方達との繋がりを大きくしていきたい。

こうした都市との交流が、いつでも、どこでも起こりうる自然災害から、
早く立ち直る大きな力になる。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明