脱穀 (10月18日)

脱穀 (10月18日)

棚田でかけぼし中の稲を脱穀

一般ボッランティアの皆さんと棚田保存会の皆さんで脱穀。
2台の脱穀機を棚田に持ち込移動しながらの脱穀です。
午前中で終了。

3枚の棚田で延べ1,000名のボランティアの皆さんと星野小学校5年生が手伝い、
九州北部豪雨の被災から3年目で5俵(300kg)のお米が出来ました。
被災からの復興は着々と進んでいます。
画像の説明画像の説明画像の説明